2016年10月30日

カウフマン療法、その後

9月までカウフマン療法をして、10月に自然周期でリセットしました。


2人目をどうするかはとりあえず置いといて、自力で卵を育てられるか、自力で排卵できるか経過観察をしています。



私は、もともと他院で不妊治療をしていました。

不妊治療を受けていた時の主治医が、勤務先の周産期センター部長の後輩だったようで、周産期管理目的で勤務先のギネに転院してからその部長先生にすごく良くしてもらっています。


働きながら不妊治療をするには限界があるので、

「ここで(勤務先)でAIHしてあげるよ!」…と。



お忙しいのに本当にありがたいお言葉です。


しかも10月15日にリセットして28日に卵胞チェック予定だったのですが、所用で欠勤となり受診できず…


それなのに外来日でもない29日の午後に

「診てあげるよー!」…と。



本当に良い先生。


診察の結果は、D14にしてまさかの
卵胞たったの7ミリ…
内膜10ミリ…
頸管粘液極少量…。


ショックなことに、自力で卵が育ちません…。


念のためもう1週間後に卵胞チェックをしてくださるようです。


外来日じゃないのに本当に申し訳ないです。






manamin2014 at 10:01│Comments(0)ブログ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。