ブログ

2017年04月30日

6日目 ひたすらダラダラと

入院6日目は点滴もなし、内服も1日1回のみ。

祝日の土曜日だったので保育士が不在。
病室でひたすらダラダラと過ごしました。

行動範囲がベッドの上だけなので、ストレスが溜まっていた娘。

「クック!クック!あっち!」と靴を履いて廊下に出たい!とアピールしていました。


小児病棟は感染管理上、病室から出ることが許されません…。



身も心も元気なのに…
そりゃ外に出たいよねぇ…。



絵本とパズル、抱っことYouTubeで乗り切りました。



新たな発疹もでていませんし、遂に退院です。


入院生活を振り返ってみると、付き添いは大変でしたが、娘と四六時中一緒に居られて幸せでした。


心配していた娘の食事も、特に嫌がることなく、残すこともなく…。



離乳食が3回食になり卒乳した頃から、デザートをできるだけ出すようにしていて本当に良かった!と思いました。


苦手な食べ物があっても、最後のデザートが食べたい一心で、きちんと完食してくれました。


点滴も頑張ったし、苦い薬も頑張って飲んだし本当にお利口さんでした。




manamin2014 at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年04月29日

5日目 説明する娘(予約更新)

入院5日目。

前日の22時にステロイドの投与があったのですが、注入する際にひどく痛がる娘。


ん???と思いつつ、泣いた後にすぐ眠りについたので、私も一緒に横になりました。


明け方4時頃に点滴の閉塞アラームがなり、ナースコール。

刺入部を確認すると、少し深く入り込んでいる印象…。



処置室に移動するも夜勤帯なので人手が少なく、点滴針の入れ替えは困難。



とりあえず抜針し、担当医が来てから点滴を継続するか確認することになりました。

結果、全身状態も改善し輸液の投与は不要とのことで、ステロイドは内服投与に変更となりました。


娘はと言うと、明け方の件が凄く印象的だったのか、日中 ことあるごとに一連の流れを私に説明(笑)



娘:ピンポーーーン(ナースコール)ちた
私:うん、そうだねー



娘:えーんえーん(私、泣いていた)
私:ゆめちゃん泣いてたねー



娘:ママ あっこ(抱っこ) ちた
私:お母さん抱っこしたねー



娘:あっち(ナースステーション) いった
私:うん、行ったねー



娘:グローーン(横になった)ちた
私:ゴロンしてどうしたのー?



娘:ここ!(点滴の刺入部の痕を指差す)
私:チックン取れたねー



娘:うん!


このやり取りがエンドレス(笑)


同じ内容の繰り返しに途中、吹き出しそうになりつつも、会話の流れを良く理解していて、きちんと説明できていることに感動でした。


院内の保育士にも「愛想もいいし、たくさん言葉がでるし、ニコニコよく喋るねー!」と関心されました。



私自身も、今までで一番成長しているなー!と実感しています。


言葉の面もそうですが、両手でダブルピースができたり、30Pのパズルができるようになっていたり…



赤ちゃんの泣き声がすると、
「あかちゃん、えーんえーん」…とジェスチャー付きで教えてくれます。



愛おしくてたまりません。



manamin2014 at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年04月28日

4日目(予約更新)

入院4日目は、10時過ぎに主人が来院し日中の付き添いを代わってくれました。


私は一時帰宅し、家のことをしたりゆっくり入浴したり…。



「普通」「当たり前」のことがすごく新鮮。


3時間半と言う少しの時間でしたが、気持ちのリセットができました。


主治医より、症状がそこそこ重症だったため、ステロイドの減量を慎重に行いたいと説明がありました。


そのため、退院は最短で4日後。

発疹が落ち着いたら、すぐに退院できるかな〜と安易に考えていた自分が恥ずかしいです。


経過報告のため保育園に連絡を入れ、娘の元に戻る前に上司と看護部長に挨拶に行きました。



「気持ちが焦るのもわかるけど、ここは腹をくくってGW明けに復帰するつもりでいなさい」



…と上司から言われ、物凄く気持ちが楽になりました。



恵まれた環境で働かせていただいているんだな…





manamin2014 at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年04月26日

3日目


消灯後にコールブルーが流れると、飛び上がりそうなほどビックリします。

多分、呼び方は医療機関によって様々だと思いますが、緊急時の業務連絡のことを指します。
(一般的にはスタットコールとかコードブルーなど…)


患者の急変やCPRが必要な場合の、院内用の緊急招集のことなのですが、この放送が流れると、院内のあらゆる部署から多職種が一斉に駆けつけます。

そう頻回にあることではないので、出産の時には経験しなかったのですが、今回の入院の付き添いで初めて、夜間にコールブルーを聞きました。


しーーーんとした真夜中の館内放送…
飛び上がりそうなくらいビックリします。

心臓に悪い…。



入院3日目。


ステロイドの点滴と抗ヒスタミン薬の内服のおかげで、新たな発疹は出なくなりました。


明日からステロイド減量予定です。



…が、ねる前の検温で熱発していることが判明。



なぜ!?



夜、担当医が訪床してくださり、多形性滲出性紅斑の原因は、マイコプラズマの可能性が高いと説明がありました。


胸部XPでは異常が見つからなかったので、本当に極々軽〜いマイコプラズマだったようです。



私自身がアレルギー持ちなので、娘も反応が出やすいのかな…?と言う印象です。


とりあえず今晩頑張れば、明日は仕事が休みの主人が付き添いを代わってくれる予定です。


このまま軽快してくれますように。



manamin2014 at 21:19|PermalinkComments(0)

2017年04月25日

入院中

入院2日目。



子どもが入院しているんだから、看病に専念しなさいよ!


…と思われそうですが…何せ病院に居るので、娘が眠るとすることがないんですよね…。


とりあえず、記録目的にブログを書いています。


昨日からステロイドの点滴を行なっているので、「今晩は大丈夫よね」と思っていたのですが、深夜の日付けが変わる頃、脚の痒みが出だしグズグズする娘。



あっという間に脚が腫れあがり、アイスノンで冷やそうとするも、拒否。



精神的にいろいろと辛かった…。


今朝から痒み止めの内服を追加してもらい、1日一回のステロイドの点滴も数回に分けて行うことになりました。


寝る前に痒み止めを飲ませ、たっぷりレスタミンクリームを塗り、いざ就寝。


今のところ痒みはでていない様子。

このまま朝まで眠れますように。



まだ微熱があるので、院内保育は利用できません。


一時帰宅する際や、息抜きの際はいつでも預かりますよ〜と言ってくれるのでありがたいですね。


私は今のところ病棟勤務ではありません。
そのためか、小児病棟だからなのか…何となく雰囲気が特殊だなぁと感じます。


皆さん常にニコニコしていて、ほんわか優しい雰囲気の人ばかり♡


何だか新鮮です。


manamin2014 at 21:31|PermalinkComments(0)